Pocket

バナナ

バナナは比較的安くて毎日食べている人も多いですね。
バナナの糖質は吸収が早くてエネルギーに変わりやすいのも事実です
スポーツ選手が試合の途中で食べたりしていますね
バナナにはカリウムが多くて運動機能にも深くかかわっています

バナナも食べすぎには注意ですからね。何事もバランスが大事

バナナはビタミンもミネラルも食物繊維も程よく摂取できます。
ただ糖分と炭水化物は他の果物より多めです。それとカリウムが豊富です
カリウムは筋肉と神経の働きには欠かせない成分です。
カリウムに限らずですが「適量を摂取して適切な数値が重要になります」

毎日食べたいバナナ、どれぐらいが適量

毎日バナナを1本食べることはベストです
毎日バナナを3本以上食べると食べすぎだと思います

バナナに含まれるカリウムは果物の中で最も多いですね
カリウムについては後ほど記述します

バナナは食物繊維が多く消化酵素で消化を助けてくれます
腸内環境をよくする善玉菌というやつが活躍します
腸内環境が良いとお通じも良くなり悪い微生物も追い出す働きがありますから
一般的な風邪とかもひにくくなると言われています

バナナは運動前にも運動後にも最適です

運動前は栄養素と食物繊維の吸収は早いのに
腹持ちがよい割には胃の負担が軽くて動きやすいですね

運動後は疲労した筋肉などの炎症を軽くする効果が期待されます

ここでのポイントは
バナナは1日1本ぐらいで十分な働きをしてくる

バナナ最大の特徴、カリウムに注目

冒頭でも書きましたがバナナは果物の中でカリウムの含有量が最も多いです

カリウムは人間が動く時の筋肉の働きや神経の働きに必要な成分です

成人の体内に約200g含まれていて
ナトリウムと共に細胞の浸透圧を維持したりしています
カリウムは腎臓でのナトリウムの再吸収を抑制する働きもあります
そして血圧を下げたりする効果もあります
食事からのカリウム摂取量は
1日に男性で2,500mg、女性で2,000mgとされています
(これは、あくまでも目安です※1

※1カリウムは年齢などによる運動量、高血圧症の人や低血圧症の人でも
体内のカリウム量維持するために食事から摂取する量は若干異なります

バナナは普通サイズ(中ぐらい)で
1本400mg~500mgのカリウム摂取となります
つまり
1日に3本とか食べるとカリウムの摂りすぎになります
それは
1日の食事でカリウムは他の食材からも摂取しているからです

バナナ以外のカリウム

果物
夏ミカン、メロン、干し柿、100%ジュースなど

野菜
芋類の里芋とかは多い、かぼちゃ、ニラ、白菜、キャベツなど

肉、魚
全ての肉も魚も多めです、刺身に多く含まれます
(カリウムは水やお湯で流れるため)

うどんや中華麺の水洗いや湯切りをあまりしないもの

海藻類、牛乳、スイートポテトなど

こうして見ると多くの食品に含まれているカリウムですが
心配する必要はあんまりありません

腎臓が悪くなり医師からカリウム制限や薬を処方してもらっている人は
注意が必要ですが

健康な人ならば普通の食事でカリウムが過剰になることはあまりありません

ここで重要なのはバナナを毎日3本も5本も食べ続けることは良くないです

普通の食事とバナナ1本程度なら問題ないしバナナの効果も期待できます

ここでのポイントは
バナナはカリウムが多いから食べすぎは良くない
他の食べ物にもカリウムが含まれているから
1日トータルのカリウム摂取量を考えることが重要

注意
カリウムが不足すると筋力低下に繋がる可能性がある
カリウムの過剰摂取は腎臓機能が低下している人には注意
カリウムが排出されにくくなり高カリウム血症になる可能性がある
筋肉の収縮や心臓の働きにも影響することがあるから
腎臓に限らず疾患がある人は特に医師の診断を受けて
定期的な血液検査などをしましょう。

バナナの美容効果

少し前にバナナダイエットなどが流行った気がします

まあ、ダイエットのついては私はいつも言っていますが
減量にしろ筋力増加にしても美ボディーを作るにしても
「健康な肉体を維持することがダイエット本来の目的である」
と言い続けています

したがってバナナだけを食べてダイエット出来ることは不可能です

毎日バナナを適量食べると美容効果は期待できますね
アンチエイジング効果もです

栄養価のバランスが良いバナナですから
適量を的確に食べれば身体に悪いはずはありません

そこで重要なのが
バランスの良い食事の中のバナナです

朝食後にヨーグルトにバナナを適量入れるとか
バナナジュースにして適量を飲む

先ほども書きましたが
運動前にバナナを食べる
運動後にバナナを食べる

などなど

バナナを食べるタイミングはいつでも問題ないと思います
適切な量を食べ続けることは美容効果は期待できますね

合わせて読まれている記事

バナナをスイーツ以外の料理

ハッキリ言いますが
バナナをメインにしたスイーツ以外の料理は思いつきません
敢えて言うなら
フィリピン料理のバナナの春巻き(トゥロン)がありますが
フィリピンのおやつですね

私は中国料理の元職人ですから
バナナを揚げて飴で絡めるという
サツマイモの飴炊きならぬ「バナナの飴炊き」をやっていましたが
これもデザートです
その他の果物も同じくデザートですね

バナナをミキサーにかけて
ジュースにしてソースなどの隠し味にも使えるかもしれませんが
バナナは結構香りがきつくて隠し味にも不向きかもしれません

バナナはメインの料理にははならない

ここでのポイントは
バナナは「そのまま食べるか調理してもスイーツです」

最後に

バナナは昔から食べられている果物です

最近では少し高くなった気もしますし
糖度が高くて皮まで食べることが出来るようなものまであります
その代わり高級バナナとなります

種類が増えて消費者はその時の気分などで選べるのは嬉しいですね

毎日の健康や美容のために食べるバナナと
少し贅沢に食後のデザートで食べるバナナを食べ分けるのも良いかも知れません