言葉の意味

「立て板に水」って聞きますか?使いますか?どちらかと言うと良い意味?

読み方は「たていたにみず」です。 語源は 立てかけてある板に水を流すと 水が重力でさらさらと流れる様子からきています。 古くは、水の流れの速いことや 物事が滞りなく進むことの 形容としても使われましたが 現在では すらすらと話すたとえとして主に使われます。
言葉の違い

「固定概念」と「固定観念」あなたはどちらに捉われている?そもそも?

現代社会では、変化のスピードが加速し 常に新しい情報や価値観が生まれています。 そのような状況において 柔軟な思考を持つことが ますます重要になっています。 しかし、私たちは知らず知らずのうちに 「固定概念」や「固定観念」に とらわれてしまうことがあります。
四文字熟語

「千変万化」とは?変化の激しい時代を生き抜くために必要なこと!

「千変万化」という言葉は 「さまざまな変化が絶えず起こる様子」 を表す四字熟語です。 現代社会は、まさにこの言葉通り 目まぐるしい速度で変化しています。 情報技術の発展、グローバル化、社会の変化など あらゆるものが日々変化しており 私たちはその変化に対応しながら生活していく必要があります。
言葉の意味

「人の昇沈は定んで道にあり」とは?人の浮き沈みは、歩む道によって決まる!

「人の昇沈は定んで道にあり」という言葉は 平安時代の僧侶であり 真言宗の開祖である 弘法大師空海が残した言葉として知られています。 これは、彼の著書である 『綜芸種智院式并序』の一節であり 人生における成功や失敗は 自分が歩む道によって決まるということを意味しています。
言葉の意味

「歩歩是道場」(ほほこれどうじょう)日常が輝く、人生を磨くための秘訣とは?

道場とは、武道や禅を学ぶ場所です。 しかし、「歩歩是道場」の言葉通り 日常生活もまた 学びの場として捉えることができます。 仕事や家事、人間関係など 日々の生活の中で起こる様々な出来事は 私たちに多くのことを教えてくれます。
心理

固定観念を打ち破り、創造性を開花させる!「水平思考」とは?柔軟にネ!

「水平思考」という言葉、聞いたことはありますか? 問題解決のため、常識や固定観念にとらわれず 自由な発想でアイデアを生み出す思考法です。 1967年頃に 心理学者エドワード・デボノ氏によって提唱されました。 「ラテラルシンキング」とも呼ばれます。
四文字熟語

「自画自賛」することは、自分を褒めることの功罪?モチベーションアップのため?

「自画」は自分の描いた絵 「自賛」は自分で自分を褒めることを意味します。 本来は、絵画に自ら賛辞を添えることから生まれました。 転じて、自分の功績や能力 作品などを 自ら褒め称える行為全般を指すようになりました。
言葉の意味

「最も強い者は、最も孤独である」って聞いたことありますか?深い言葉です

「最も強い者は、最も孤独である」という名言は 「フリードリヒ・ニーチェ」が言った言葉です。 また「フリードリヒ・フォン・シラー」は 別の名言を残しており 彼の名言は 「この世で最も強い人間は孤独の中でただ一人立つ者なのだ」 というものです。
言葉の意味

「明日は明日の風が吹く」って言いますね!意味は未来への希望と楽観?

「明日は明日の風が吹く」は 今日どんな苦難や困難があっても 明日はまた別の風が吹いて状況が変わるかもしれない という意味が込められています。 つまり 未来は常に変化しており 今の状況が永遠に続くわけではない という楽観的な考え方を表しています。
言葉の意味

「三日坊主」は悪い癖?それとも成長のチャンス?良い方向で捉えたいですね!

「三日坊主」とは 何を始めてもすぐに飽きてしまう という特徴を持つ人のことを言います。 この言葉は、お寺での お坊さんになるための厳しい修行に耐えられず 三日程度で逃げ出す人も多かったことから 長続きしない人をあざける場合などに用いられています。