カニの季節になるとカニが恋しくなるね

しかしカニは高いからカニカマで代用する?

その考え方は大きな間違いです

カニは蟹という甲殻類です

カニカマは魚肉練り製品です

カニ風味のかまぼこをカニだと思って食べるから
所詮カニカマだ!」
なんてカニカマにとって失礼な言葉が出るw

つい最近そういう人を見かけたので失礼w

スポンサーリンク




カニカマは偉大な食べ物なんです

カニカマは日本の技術力の賜物です

水産加工メーカーは色んな商品開発に取り組んでいます
日本だけでなく海外の企業も同じだと思いますが

日本の練り製品は海外でも注目されていますね

それは技術力の高さと品質の良さです

1963年に北海道の水産試験場でスケトウダラの冷凍のすり身が
始めて製品化されたのが練り製品の始まりです

練り製品を「くず」しなんて言ったりしますね
下記関連記事で参照してください

そんな中カニカマが誕生しました
発明には諸説ありますが

1972年に株式会社スゲキヨが人口クラゲの失敗作から誕生した

1976年に株式会社大崎水産のフィッシュスチックが試行錯誤の中誕生

などがあります

Wikipediaカニカマを参照してください

海外では特に欧米では肉食が多く
魚介類の加工品はあまり製造されていなかったが
健康志向が高まりヘルシーな日本のカニカマが注目されて
海外でも「SURIMI」がそのまま共通語になっている

SURIMI=カニカマと言うのは有名な話です

歴史的には考えたらまだまだ短いのですが
海外でも人気が出るようになってからでしょうか
他社もカニ風味かまぼこの製造をするようになりましたね

スーパーでも色んなのがあります


 

 

 

 

そして1つ重要なことがあります

カニカマは開発当初は手作りだったそうですが
人気が出て売れ出すと機械製造になりますね

そこで1979年に登場したのがカニ風味蒲鉾製造機械です
現在でも世界シェアの70%を占めているそうです
山口県宇部市の株式会社ヤナギヤです

カニ蒲の奇跡を参照してください

正に日本の技術力を世界に発信していますね

カニカマの誕生から製造工程、機械も全て鑑みて
カニカマと言う食べ物は偉大なのです

スポンサーリンク





カニカマだから料理にふんだんに使える

冒頭で書きましたが
カニカマと言う食べ物です

カニ風味のかまぼこです

海の中を動き回っている甲殻類のカニではない

なのに・・

見た目や香り味は正に「カニ」とも思えます

本物と比べたら違うのは当然ですが
あまりにもカニに近すぎますね

だから比べてしまうのかも知れませんw

値段も本物のカニの1/10程度で買えるものもあります
高いものでも100g200円ぐらいです

カニは買えなくてもカニカマなら十分買えそうですw

しかもカロリーも鶏むね肉の半分ぐらいです
安くてカロリーが低いと言うことは思いっきり食べれます

十分にそれを分かっているママ達は
お弁当とかオードブルとかにも上手に利用していますね

お子さんもカニカマを嫌いな子は少ないと思います

アレルギーの人はカニ風味エキスが入っていますから注意ですね

カニカマは冷凍保存も出来ます

小分けにして冷凍しておくいる時に使いたいだけ使えます

こんな料理にもね

まとめ

カニカマは業務用もあり中華料理店でも使っていました
天津飯などには使っているお店も多いです

業務用はコスト削減で安いものを釣っているお店も多いですが
家庭なら少し高い目のカニカマを使うと一味違います

カニカマの料理として
十分におかずにもビールのアテにもなります

今夜の一品に検討してみましょう

Amazonで便利に賢くお買い物


投稿者プロフィール

ikuzo001
ikuzo001
長年中国料理を研究しながら職人でもあった目線から「食」に関する事、そこから見えてくるもの、そして「人生」も色々考えちゃうサイトです(#^.^#)
人生はコツコツとやりたいことをやり続けるのが重要ですよね
100歳以上生きる時代を頑張ります