Pocket

野菜ジュースを飲む目的は
「手軽に栄養補給するため」と答える人が多いですね
もしかして
野菜ジュースは野菜代わりになると思っていませんか?
野菜の成分は多く含んでいますが別物だと思いましょう
それと
これから書く野菜ジュースについてはKAGOMEの
「野菜一日これ一本」について書きます
手作りの野菜ジュースとは違います

スポンサーリンク




あくまでも不足している野菜成分を補うために野菜ジュースを飲む

スーパーへ行くとたくさんの野菜があります
全部買うことは不可能に近いですが
厚生労働省が提唱している
「野菜を1日350g摂りましょう」なら
その気になれば買うことはできます
そして1日に350gですから
3食に分けると摂取しやすいはずですが
「何をどのくらいで目安とかはないのか?」
そう思いますよね


【目安(皿数)の数】
小鉢(小皿)の野菜料理を1皿分(約70g 、)
大皿の野菜料理1人分を2皿分と数え、1日5皿
分以上(70g×5皿=350g)と数えます。

(例)
青菜のお浸し(小鉢1つ)・・・・・・・1皿分
野菜サラダ(1皿 ・・ ) ・・・・・・・・1皿分
カボチャの煮物(1鉢)・・・・・・・・1皿分
生春巻き(1本 ・・・ ) ・・・・・・・・1皿分
野菜炒めなど大皿料理(1人前 ・・・・2皿分 )
野菜カレー(1人前 ・) ・・・・・・・・2皿分

1日5皿を目標に
是非今日から実践してみましょう!”

出典*農水省の参考資料です「野菜1日摂取目標350gとは」

野菜料理1品(1皿)70gx5皿と言う考え方です

これがね・・・
毎日となると結構大変なわけなんですよ
夫婦力を合わせて健康を考えて家事も協力して
家庭料理で美味しく楽しく頑張っている人もいるでしょう

しかし
現実はやはり仕事が忙しいし、育児に追われるし
経済的にも毎日となると大変なんです

そこで
誰もが比較的安くて手軽に栄養が摂れる
「野菜ジュース」を飲もうと思うわけですね
野菜ジュースを飲んだから無理に野菜を食べなくても大丈夫・・・
絶対にそれは間違っています

あくまでも「野菜を1日350g摂りましょう」の補足です

そこのところを必ず理解しておきましょう

ではお勧めの野菜ジュースは
KAGOMEの「野菜一日これ一本」です

上記のKAGOMEのHPの中の「野菜ジュースのホント」にも書いてあるように

本来の野菜の持っている栄養成分が減少するものもあるけれど
全ての栄養素はなくならないのが野菜ジュースです

「野菜一日これ一本」は
ビタミンAが多く含まれています
ビタミンAっていうのは下記参照

βカロテンとは、ビタミンAの前駆体であるプロビタミンAの一種 であり注1)、
にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜などに多く含まれるカロテノイドである。
βカロチンともいわれ、これはドイツ医学の流れをくむ日本に多く見られる使用法である
(英語=βカロテン(β-carotene)、独語=βカロチン(β-carotin))。

 βカロテンの一部は体内でビタミンAに転換 されるため、医学的機能が期待されている注2)。
  また、βカロテンには強い抗酸化性があるため、活性酸素除去による健康効果も研究されており、
  本項目では主にその「抗酸化作用」と「健康効果」を中心に評定する。

注1)ほかに、αカロテン、γカロテン、クリプトキサンチンなどがある。
注2)カロテノイドの一部は体内でビタミンAに転換されるが、
βカロテンは他のカロテノイドと比較してその割合が大きいとされている。
ちなみに、ビタミンAは多く取りすぎても「ビタミンA過剰症」を引き起こす。
反対に、「ビタミンA欠乏症」の代表的な症状には、いわゆる「鳥目」症状がある。

出典*明治大学科学コミュニケーション研究所
疑似科学とされるものの科学性評価サイトより

この緑黄色野菜が意外と生野菜からは摂りにくいんです
ホーレンソー
にら
かぼちゃ
春菊
モロヘイヤ
などは比較的多く摂れますが
この野菜を料理の一品にしようとすると
今一積極的に食べたいとは思わないかも知れません
次に
ニンジン
トマト
サラダ菜
パプリカ
ブロッコリー
などにも含まれています
トマトとかサラダ菜とか野菜サラダとしては作りやすいですが
値段が高いですね(これ重要です)
つまり
野菜そのものが今は結構な価格なんです

厚生労働省が提唱している「野菜を1日350g摂りましょう」だと
1から野菜を買ってきて作り置きでもいいですから
とにかくあれこれ作って実行すると
1日250円から300円ぐらいかかります
これが高いと思う人と安いと思う人には分かれますが
このほかに肉とか主食とかが+されるわけですからね

野菜ジュースは
一日に必要な野菜350gの1/3ぐらいだと考えましょう
金額にして100円以下だと問題ないですね
ストローをさして飲むだけですからね
手間はかかりません

だいたい1本75円程度です

では朝、昼、晩、いつ飲むのが良いのか?

これは私が毎日飲んでいて良いと思う時間帯です
あくまでも私個人の見解です

ズバリ昼です

これは生活リズムは人それぞれですから
その人に合った時間帯はそれぞれ違いますね

私はごく普通に朝起きてパンを食べ
昼は軽く丼とかカレーライスとかうどん
夜は炭水化物少な目で晩酌もしたいし、それなりのごはんです

昼は時間も少ないし簡単にそして手軽にが一番ですね
その時に「野菜一日これ一本」も一緒に飲みます
今のところ(続けて2年)
特に胃腸の調子などはばっちりですね

ネットなどでは野菜ジュースの情報も満載です

私が考えるところ
野菜ジュースに過度の期待をしないということです
野菜ジュースでダイエットとか
朝ごはんは野菜ジュースだけとか
何度も申し上げますが野菜ジュースは野菜の補足です

ただ
毎日続けると、ある程度の効果は期待できます
栄養補給ですから
タンパク質
糖質
食物繊維
ナトリウム
カリウム
カルシウム

マグネシウム
ビタミンE
ビタミンK
葉酸
リコピン
βカロテン
etc
これらの栄養素は含まれていますから
健康志向の人で健康維持が目的なら問題ないですね
ダメなのは
例えば
血糖値が高い、高血圧症、心臓病などの疾患がある人が
病気治療に良いんじゃないかと思って飲むことです
必ず医師に相談してください
野菜ジュースは薬でなく野菜の補足です

スポンサーリンク





野菜ジュースを使って料理をしたら野菜の代わりになるのか?

野菜ジュースレシピもたくさん出てきます
トマトソースを作るのにトマトジュースを使う人がいます
それと同じような感覚で良いと思います
野菜の栄養とかはこの際考えない方がイイですね
野菜ジュースですから野菜の旨味はあります
特に「野菜一日これ一本」は美味しいですから
例えば
チキンのトマトソース煮なんて作るとしましょう
チキンと玉葱、フレッシュトマトぐらいは用意して
水の代わりに「野菜一日これ一本」を入れれば
ほぼ完成
余分な砂糖や甘みはいらないし
塩加減もチキンに下味をしっかりつければいらないと思います
黒コショーぐらいをパラパラと振ればかなりグレードの高い料理ができます

料理は応用なので
いイタリアンでもフレンチでも和風でも
アイデア次第で何でも作れます
レシピはネットで検索すれば山のように出てきます
その中から今ある材料からチョイスするだけです
大匙だの一つまみとかの細かなレシピはおそらく無視できます
だいたいのイメージさえつかめれば
「野菜一日これ一本」で仕上げはできます

余分なものを混ぜるとしたら
赤ワインとかサワークリームとかでしょうかね
どうしてもイタリアンっぽくなりますが
KAGOMEの商品ですから得意分野ですね

最後に

「野菜一日これ一本」を選ぶ理由は美味しいからです
そして価格も安い方です
スーパーなどのPB商品でもっと安いものもありますが
しっかりと製品情報のラベルをみましょう
「野菜一日これ一本」は
香料や栄養強化剤は使用せず無添加の野菜ジュースです

Amazonで便利に賢くお買い物

投稿者プロフィール

ikuzo001
ikuzo001
長年中国料理を研究しながら職人でもあった目線から「食」に関する事、そこから見えてくるもの、そして「人生」も色々考えちゃうサイトです(#^.^#)
人生はコツコツとやりたいことをやり続けるのが重要ですよね
100歳以上生きる時代を頑張ります