Pocket

はちみつ

はちみつって高額商品の部類に入ると思います
でも美味しいからたくさん食べたい気持ちもあります
通常は常温保存で消費期限内に問題なく食べきります
気をつけたいのはなんでも冷蔵庫へ入れる人は【要注意】

はちみつは冷凍保存が意外と良かったりする

はちみつを保存するとき多くの人は常温保存です。間違いではありません。
よくあるのが何でも冷蔵庫へ入れる人で、はちみつは冷蔵庫は良くないかも?
どうせなら「冷凍してしまおう!」って言う人はかなりイケてる人。
実験した結果は常温で問題ないが「冷凍保存は明確な意図がある」

はちみつを冷凍するとかなり旨い

はちみつを冷凍庫へ入れる人は挑戦者かもね?

そういう私も冷凍保存に関してはあれこれ試しています

記事にもしていますのでご覧ください

食材の冷凍保存の記事

そして「はちみつの冷凍保存」ですが
はちみつは冷凍庫へ入れても凍りません。

ただ、「とろみは増します」

当然ですよね
糖度が高いものは凝固点が低いです
冷凍庫(家庭用)へ入れても凍りにくいだけでです

だったら冷蔵庫はなんで良くないかと言うと分離しやすいからですね
これは
はちみつは「半液体食品」だからです

余談ですが
飛行機の機内に持ち込める量的制限の液体物リストにはちみつは入ります

話を元に戻しますが
冷蔵庫は2℃~5℃くらいだと思いま
はちみつのブドウ糖は13℃~15℃ぐらいが結晶化しやすいですね
つまり
はちみつの下の方が白くなっていって分離した状態になりやすいです
ただ
これはそのまま食べても全く問題ないです、少し温めて混ぜると元に戻ります

はちみつの種類には注意です

はちみつの結晶化は、はちみつの種類にもよります

難しく考えずに単純に考えると
はちみつは、ミツバチが集めてきます
ミツバチの大切な食べ物でもありますね
人間がそれを分けてもらっているのですから「ミツバチに感謝です」

ミツバチが食べる花の蜜によって違います

花の蜜をミツバチの身体の中で果糖とブドウ糖に変化させて巣に蓄えます

つまり
花の蜜とミツバチそのものの果糖とブドウ糖の変化のさせ方で違います
巣に蓄えられている時点で糖度は40%ぐらいだと言われています
それを人工的に温めて濃縮して糖度80%ぐらいにしたものが一般的です

ただ
これも養蜂家の考え方と技量で変わります
量販品などは人工的に加熱して濃縮したりして糖度を高めています
これが実は結晶化しにくく白くならないから驚きです

こういうはちみつを冷蔵庫へ入れてもちょっと常温よりは粘り強いだけです
もちろん、冷凍庫へ入れればもっととろみが増しますね

それ以外に自然に糖度が増してから採蜜する養蜂家のはちみつもあります

医療技術から生まれた美容液「HONEY CELL(ハニーセル)」販促プロモーション

それをすると正直、養蜂の期間が長くなり非効率ですが
人工的に濃縮したものとは全く違う味わいになります

この辺りが
はちみつの価格の差だと思っても良いと思います

はちみつの購入の際には説明書きをしっかり読んで
値段に相応の価値ある物かどうか納得して買いましょう

はちみつを冷凍保存する意図は
夏場にアイスの上などにかけて食べるとトロトロ食感で美味しいだけです

トーストにつけたり料理に使う場合はあまり意味はありません

はちみつを料理に使う

はちみつは和食でも洋食、中華、製菓など使えます
砂糖は甘みですが
はちみつは「甘み、香り、照りなど」が加わりますから
料理は一段とグレードアップします

ただ
経験上ですが使い過ぎは禁物です
価値の高いはちみつになればなるほど香りも良いですが
それが料理に使う場合は逆効果になり兼ねませんね
【適量を的確に使う】ことが重要です

料理用に作られたはちみつも良い

医療技術から生まれた美容液「HONEY CELL(ハニーセル)」販促プロモーション

最近は売られているはちみつの種類も増えました
私が子供の頃はいつも同じはちみつを食べていた記憶があります

今はたくさんのはちみつの中からチョイスできるのは嬉しいですね

はちみつの使い分けができます

トースト用
料理用
飲み物用など

用途によって、はちみつを使い分けるのがベストです

多くの人が経験していると思いますが
はちみつレモンなどを作るときに
なかなかはちみつが溶けにくくて困る時がありますね

そういったときはドリンク用のはちみつが有効です
最近はカクテルなどにもはちみつを使います

料理でも同じことが言えますね
生姜と、はちみつはとても相性が良いですが
すでに、はちみつにジンジャーがはいったものもあります

はちみつは身体に良いとされています

はちみつは花粉が含まれているのは当たり前なんですが
花粉症の人がはちみつを食べて症状が酷くなることはありません
逆に
はちみつの中の花粉に含まれているポリフェノールなどで
ヒスタミンの放出を押さえてくれるとも言われています
(※はちみつの原料の花の種類による)

花粉には
ビタミン、カルシウム、鉄、必須のミネラルなどが多く含まれています
そして砂糖とは違い天然の甘味料ですから
糖分を気にする人には特に良いと思います

血糖値を正常にしやすいという研究もなされています

もちろん何事もそうですが摂りすぎは駄目ですね

アンチエイジングの意識も高まる

はちみつは毎日少量を何らかの形で食べるとイイですね

食べ続けることでアンチエイジングの効果も期待できます

栄養価も高くて自然の天然成分ですから身体に優しい食品です

いつも私はアンチエイジングやダイエットのついていっていますが

続けて
食べたり摂取したり飲むことで効果が期待できます
つまり
1日2日でみるみる変わるということはないと思います
3ヶ月程度続けて初めて実感できると思います
続けながら重要なことは
「はちみつが美味しいから食べている」だけでも良いのですが
もし
アンチエイジングを目的に食べているのなら
普段の生活習慣も一緒に見直すことをお勧めします

食べる量が基準を超えて飲む量も毎日多くなり運動もしないと
はちみつを毎日食べても効果は薄れます

多くを語らずとも当然だと思います

せっかく美味しくて体にも良いはちみつを食べると決めたら
生活習慣も少し見直す良い機会だと思います

最後に

スーパーなどでは価格も抑えた量販されているものが多いですが
ネット通販ならではの「こだわりのあるはちみつ」が良いですね

サイトの情報をしっかりと見て納得して購入しましょう

医療技術から生まれた美容液「HONEY CELL(ハニーセル)」販促プロモーション