時短料理こだわり

家庭で時短料理が重要な時代です。時短と時間をかけて作る料理とは別。
仕込みの段階である程度の時間は必ず必要ですしこだわりも必要。
自分の得意な料理を作って冷凍しておいて必要な時に時短で食卓へ。
この流れだと思います

家で作る時短料理にも飽きてきたし少し楽したい【こだわり料理】

時短料理は仕込みの段階でこだわりを持ち小分けにして冷凍保存しておく
そして、食べる時にレンジなどで温めて時短を成立させる。
温める時もレンジなのか?鍋なのか?これもこだわりの料理に合わせる。
しかし、レパートリーも尽きてきたときにどうするか?です

50万食を販売したディナーセットをはじめ、和洋中の手作り惣菜から専門、ご当地グルメ、スイーツまで全国にお届けします。

私は家庭料理において手抜きと息抜きを分けるべきだと考える

外食や中食が増えてきたとは言え、家で作って食べる家庭料理はなくならない

これから数十年後のスタイルはもっと効率化して
調理道具やレシピの自動化などで家庭料理の作る作業は楽になるかも知れないが
家庭料理そのものはなくならいと思う

そこで今現在は
今のレシピサイトなどを見て勉強してある程度のこだわりのある料理が作れる

しかし
毎日こだわりのある料理を作り続けることのできる人は少ない
単純に
おかれている環境の問題もあるし、お金の問題もある

お金の問題は裕福な人だから時間の余裕もありこだわり料理が作れるか?
とは一概に言えないだろう

お金があっても時間に縛られてこだわりの家庭料理どころか
食事も外食でパパっと済ませている人が多いのも事実

お金の問題よりも、やはり時間の問題が重要で
家庭料理は工夫すれば安い食材でも美味しく作ることは可能である
ただ
それには時間もかかり丁寧に作ることが基本となる

仕事や育児で忙しくて時間もあんまりないけどこだわりの家庭料理が食べたい
と言う人も多くいる

そこで
少し時間が出来たときにまとめておかずを作り冷凍しておく方法は
今更だがかなり有効である

ところがある程度はできるものの、やはり毎日のおかずとなると厳しい

その時は少し手を抜くのでなく息抜きでネット通販のおかず宅配が良い

ここでのポイント
【時短料理も行き詰まるからこだわりのおかず宅配を利用する】

こだわの料理と時短にこだわる

家庭料理はこだわり料理の塊だと考える
つまり
外食ならプロがそのお店のコンセプトに合った料理を美味しく作る

例えば
台湾料理店なら
台湾料理のメニューでこだわりの味を追求するし
一品一品研究を重ねてブラッシュアップしながら味がぶれないのがお店である

家庭料理はあくまでも家庭料理ではあるがある意味家庭料理のプロでもある

その家庭の伝統の味があるかもしれないし
主婦、主夫のこだわりの味が定着しているのが家庭料理でもある

その中で
例えば自分の家のカレーは自信があるという人も多い
カレーは基本的に1人分作るよりまとめて多く作った方が絶対美味しい
それは
食材を多く使いその食材の水分で「水」をあまり必要としないから

そうなると
多く作って冷凍保存がベターな保存方法である

ただ
冷凍と言っても出来るだけ早く食べきった方が食品衛生上良い

冷凍保存できる冷蔵庫の容量にもよるし
家族構成で作る量も変わってくる

そういったときに
宅配のおかずの冷凍を買った方が時短になることが多い

ここでのポイント
【時短でこだわりの料理は自作だけでなく通販を利用する】

時短料理でこだわりの味なら効率的

50万食を販売したディナーセットをはじめ、和洋中の手作り惣菜から専門、ご当地グルメ、スイーツまで全国にお届けします。

家庭料理にはその家のこだわりがあると言ったが
通販などで時短の冷凍のおかずなどを買ったときに「美味しい」と感じる
それは
各企業が美味しさにはこだわっているからである
と同時に
家庭料理はこだわりのあるその家の味だが
たまに違う味を食べるとそれが新鮮に感じるから美味しいのである

そして
新たな発見に繋がれば、家庭料理のレパートリーは増える

私は外食したときに食べた味をしっかり覚えるようにする
これは特別な能力でなく誰にでもできるというか
美味しい料理も不味い料理も一度食べた味は忘れない

ただ
家庭で外食で食べた味と同じものを作ろうとするから無理がある

外食(お店)では食材も違えば調味料も違うしプロが作っている
それと同じものが家庭で簡単に作れれがそのお店は要らない

そこで
お店の味と家庭の味は違うものだと認識して
「かつて食べたあのお店の味と同じような味」は頑張れば再現できる
あくまでも似たような味を作るということである

似たような味を思い出しながら表現できることが重要

その時に
宅配の冷凍おかずなどを使って一品は時短で楽させてもらい
目指す「あの時のあの味」に集中できるメリットが良い

ここでのポイント
【宅配の冷凍おかずを効率よく利用することで自分のこだわり料理が増える】

時短料理でこだわるなら飽きない味が決めて

時短料理でやってしまいがちな過ちは
毎度毎度おなじみの同じ味「美味しいんだけどもう飽きた!」となる事

いくら美味しい料理でも同じものが続くと必ず飽きる

例外として
ダイエットなどのストイックなことをやっているときは
同じものを食べても目指す物が明確だから意外とメンタルでカバーできる

それは別物として考えて
育ち盛りの子供達には美味しくて栄養のあるものを食べさせたい

これは
親ならばみな同じである

しかし
子供は美味しくても遠慮せずに「このカレーもう飽きた!」と平気で言う

親としては頑張っているのにショックである

飽きない料理の工夫は「学習すること」なのだが
時間がない中そして、時短料理にこだわっている中では難しい

そこで
思い切って月に5食から10食ぐらいは宅配の冷凍おかずにしてみる

食費が大きく増大することはないし
時間効率と学習する時間を考えれば逆に安くなる

ここでのポイント
【時短料理でこだわりの味でも飽きない料理を目指す】

最後に

料理もこれからの時代は目先が大きく様変わりします

家庭料理での作る工程の効率化などは進化します

ただ
本質的な家族で食卓を囲んで美味しく食べるスタイルは
必ず何年かは人生の中であります

子供が育ち離れていけば、そこでまた新たなスタイルが継続します

家庭料理にこだわり最近では時短料理も必要です

料理そのものと家庭料理のあり方にも宅配の冷凍おかずは貢献できます

50万食を販売したディナーセットをはじめ、和洋中の手作り惣菜から専門、ご当地グルメ、スイーツまで全国にお届けします。