おとどけおかず

宅食、食材宅配などの言葉が現代では普通だが昔からあるにはあった。
夕食セットとかで生野菜や肉を人数分と日数分を作りやすい形にして届けてくれるシステムだ。
今も利用している人はいる。が、だんだんと自炊も時短になっている
それなら、週に数回は冷凍の完全に出来上がった美味しいおかずを解凍で良い。
冷凍庫も大きくなっている時代だしこれからのトレンドになるかも知れない

800円以下でおかずを手間暇かけて自炊するより、お届けの方が簡単だな

1人の夕食に毎日800円以下か?それ以上か?と聞くと800円以下の人が多い
一人身で自炊が出来ない人ほど食費は高くなる傾向にあるがそれでも800円以下
たまには外食で贅沢も良いが冷凍のおかずをお届けしてもらう手もアリ
こだわりの健康志向の高いおかずを届けてもらうとかなり楽できる

手作りで作ったおかずを通販サイトならここ!

50万食を販売したディナーセットをはじめ、和洋中の手作り惣菜から専門、ご当地グルメ、スイーツまで全国にお届けします。

夕食のおかずで800円が高いか安いかと問えば高い!という人が多い

800円x30で24,000円にもなる
ここで考えなければならないのが毎日800円で夕食のおかずだけで月24,000円は
かなり高めの設定になってしまう
肝心の主食のコメや麺類、パン、そして飲酒代も含めればかなりの金額だ

もちろん各家庭の財布事情によるが
年代が上がるにつれて食費も上がる。50代では平均月70,000円を超えるそうだ
そう考えると夕食のおかずに800円をかけている人は多い

エンゲル係数に置き換えるとわかりやすい
年代別、地域別で違いがあるが
実は20代と60代70代が25.3%~27.9%とぐらいで高い数値が示されている
30代~50代では24.6&~23.2%あたりの数値が示されていて
これはエンゲル係数のx%だ
食費そのものは年代が上がるにつれて食費代も上がる
つまり
収入やその他の支出によってx%は変わるのだが
全体のエンゲル係数の平均値は25%(日本)が平均と総務省が示している
およそ4分の1は食費に使っているということだ

エンゲル係数は
すべての消費支出合計のうち、食費に何%使ったか?割合だ
エンゲル係数(%)=食費÷消費支出合計×100

数値はあくまで平均でアリ各家庭の家計簿を見れば食費に使える金額が決まる

ここで言いたいことは
夕食のおかずに800円を毎日使うのは無理だが時々は800円を超える時もある
つまり
前日の残り物など工夫して200円の時もあれば少し贅沢して1,000円の時もある

月平均なら800円のおかずを夕食に使える日も数日はある

スーパーでお買い得商品を買って節約自炊するときと
冷凍おかずのお届け商品を買っておいて時間を節約して利用する
その冷凍おかずがだいたい「800円」ぐらいだと考える

ここでのポイント
【800円以下でおかずを作る考え方は平均して考えると良い】

800円以下のおかずを冷凍でお届けしてくれる定期お届けコースが良い

最近は「定期お届けコース」のワードが増えてきている

宅食や食材宅配だけに限らずありとあらゆるカテゴリーでのトレンドだ
「サブスクリプション」と言ってもよいだろう

継続して契約してくれればその分安くなるサービス
初回限定で安くなり、その後も継続なら数%お得になるやつだ

サブスクリプションの時代でもあるしうまく活用することで
家計の負担減に確実に繋がる可能性はあるが、その逆もあるから
「今自分が何のサブスクを利用しているか?」
ちゃんと把握しておかないと年間のサブスク代だけで大変なことになるから注意

そこで「冷凍のおかずを800円以下でお届けしてくれるサービス」
このサービスはサブスクでも「食」だから確実に必要だと言っても良い

「健幸ディナー」定期お届けコース

国産100%、合成保存料、合成着色料(無添加)
たった5分の簡単調理
1食平均400㎉以下、塩分3.5g以下
出来立てを冷凍している
簡単に美味しく食べることができる

1食分
主菜1袋(400円相当)+副菜2袋(260円相当x2袋)x5食
週に一度、または2週に一度の決まった曜日・時間に届けてくれる
休止・再開・サイクル変更など自由に行える

通常価格4,260円(税込4,600円・送料別)
定期お届け会員価格3,686円(税込3,980円・送料別)
1食当たり約738円(税込796円)
1食平均400㎉以下、塩分3.5g以下

週1回お届けコース
1週間分
1週間に1回、1週間分のメニューをお届け
1食(主菜1品、副菜2品)x5食セットx人数分
1人前/2人前/3人前/4人前・・・(制限はない)

2週に1回お届けコース
2週間分
週間に1回、1週間分のメニューをお届け
1食(主菜1品、副菜2品)x5食セットx2種類セットx人数分
1人前/2人前/3人前/4人前・・・(制限はない)

※3週間分のメニューを3週間に1回、
4週間分のメニューを4週間に1回お届けは出来ないから要注意

詳細は公式サイトから↓(1ヶ月分のメニューなども閲覧できる)

50万食を販売したディナーセットをはじめ、和洋中の手作り惣菜から専門、ご当地グルメ、スイーツまで全国にお届けします。

ここでのポイント
【冷凍おかずを届けてくれるサービスを上手く利用すれば負担軽減】

おかずのお届けサービスのこだわりが重要

多くのお届けサービスを展開しているが
各企業の「こだわり」を見極める部分は起業の経験値とも言える

創業31年の「わんまいる」は
株式会社ファミリーネットワークシステムズが運営している

株式会社ファミリーネットワークシステムズの経営理念ページ

消費者としては実績があり安心で安全なところから届けてほしい

全国展開していて企業理念もぶれずにシステム化されていて
さらに「おいしさへのこだわり」が良い

天然だしへのこだわり
炒り子を中心に鰹を昆布をしようして味わい深い天然だし
メニュー1つ1つへのこだわり
メニューによって場所を変えて作っている
同じとことだと味に偏りが出るため味のバラエティーを生み出している
保存料、着色料を使用せず素材本来の味を楽しめる

主原料は100%国産
お客様に安心して食べてもらうため
日本の農業・漁業の振興に貢献するため
こういった取り組みは当たり前のように思えるが
実際に長年続けている企業は少ない

個食パックへのこだわり(最も良い部分だと言える)
料理に合わせた解凍方法でより美味しく食べてほしい
食べたい時に食べたい分だけ食べてほしい
好きな器に盛り付けることで大切な食事を楽しんでほしい

50万食を販売したディナーセットをはじめ、和洋中の手作り惣菜から専門、ご当地グルメ、スイーツまで全国にお届けします。

ここでのポイント
【お届けサービスなのにお店で提供するかのようなこだわりがある】

最後に

このサイトでは料理の基本やポイントなどを書いているが
時代と共に自分で作ること+お届けサービスを利用する
そんな時代だとも言える

外食などでも高級店と大衆店では値段が違うが味も違う

家庭料理でも食材が違えば味も違う

お届けサービスでもこだわりが違えば味も違う
それとなによりも自炊で使う時間をお届けサービスでは解消してくれる

美味しくて時短でお得ならお届けサービスを利用するのはアリ

50万食を販売したディナーセットをはじめ、和洋中の手作り惣菜から専門、ご当地グルメ、スイーツまで全国にお届けします。