スポンサーリンク

WATCHRENT(ウォッチレント)は時計好きで仕事の生産性を上げたい人必要性アリ

腕時計サブスクサブスクリプション
この記事は約10分で読めます。

腕時計サブスク

腕時計はデジタルへと変わりつつあるのか?と考え悩む私だが
デジタル時計と昔からの憧れのブランド時計は別物だと考えた方が良い
ハッキリ言ってブランド時計に興味ない人はどうでも良い話になる
しかし、実はブランド時計は日常生活、仕事、プライベートでも必要性はある
ブランド時計好きな人には時計のサブスクは待ち焦がれていたに違いない

スポンサーリンク

WATCHRENT(ウォッチレント)で生活スタイルが変わる。その必要性を考える

WATCHRENT(ウォッチレント)は人気ブランド腕時計のサブスクリプションだ
メンズ、レディース「業界最大級の本数」を取り揃えている。
デジタルの時代でもブランド時計は仕事においても重要な役割を果たしている
時計好きでその必要性を感じている人は必見。ウォッチレントが必要とされている

月額3,500円(税抜)から月額29,000円までが選べるのはここ!

腕時計もサブスクで着替えよう【WATCH RENT】

BRONZE
ブロンズプラン

月額料金3,500円/月(税別)

取り扱いブランド
BVLGARI、GUCCI、HERMES、Tiffany & Co.、VERSACE、OMEGA、TAG HEUER、
HAMILTON、EDOX、SEIKO、CITIZEN、COACH、
ダニエルウェリントン、ケイト・スペード、
マークジェイコブス、マイケル・コース
ブランド腕時計を手軽に先ずは身に着けて良さを味わいたい人
自分にはブランド時計が合うのだろうか?
どんなブランド時計が自分には合うのだろうか?
という人向けの商品が多い

SILVER
シルバープラン

月額料金6,300円/月(税別)

取り扱いブランド
Cartier、LOUIS VUITTON、BVLGARI、Tiffany & Co.、CHAUMET、OMEGA、
TAG HEUER、BREITLING、ベル&ロス、SEIKO
実際に購入するには手が届きそうだけど「やっぱ無理!」見たいな感じで
時計好きなら認知度が高い誰もが身につけたくなる商品が多い

GOLD
ゴールドプラン

月額料金9,300円/月(税抜)

取り扱いブランド
CHANEL、JAEGER LECOULTRE、Cartier、LOUIS VUITTON、HERMES、ROLEX、
FRANCK MULLER、OMEGA、IWC、HUBLOT、ZENITH、BREITLING、BREGUET、PANERAI、TAG HEUER、Grand Seiko、ベル&ロス、ノモス
いわゆる、高級ブランド時計と呼ばれるもので
身に着けているだけで気持ちが引き締まる商品が多い

PLATINUM
プラチナプラン

月額料金19,300円/月(税別)

取扱いブランド
JAEGER LECOULTRE、Cartier、LOUIS VUITTON、ROLEX、HUBLOT、IWC、
ZENITH、PANERAI、FRANCK MULLER
ハイ高級ブランドと呼ばれる憧れの腕時計で
人生で1度は身に着けて見たい人向けの商品が多い

DIAMOND
ダイアモンドプラン

ダイアモンドプランは招待制のプランである
WATCHRENT(ウォッチレント)が招待したお客様のみが利用できるプラン

月額料金29,000円/月(税別)

取り扱いブランド
ROLEX、HUBLOT、BREGUET、JAEGER LECOULTRE、PATEK PHILIPPE、AUDEMARS PIGUETVACHERON CONSTANTIN
※ダイヤモンドプラン招待定義
商品を継続的に綺麗にご利用している人
商品の破損紛失や支払遅延のない会員の中から登録情報をもとに審査のうえ
インビテーション(招待状)が送られてくる
※プラチナプラン13ヶ月以上の継続利用
※ゴールドプラン25ヶ月以上の継続利用
それぞれのプランで腕時計の内容が異なるわけだが
ブロンド 52種類
シルバー 90種類
ゴールド 96種類
プラチナ 119種類
ダイアモンドは招待状が送られてきた人のみぞ知る?

2020/07/24時点調べ

メンズ、レディース、ユニセックスを問わずにブランドも種類も豊富である

そんな中
最近は女性がブランド時計を身につける人が多くくなってきていることもあり
レディース向けの商品が増えてきている

働く女性を応援する【WATCH RENT】

それぞれの月額料金を支払っている限り満足いくまで利用できる
返却期限はない

返却期限がない代わりというか安心できる保証サービスが月額500円(税抜)で
つけることができる

※商品毎にレンタ申込時に「補償あり」を選択いただければ、通常使用でのキズや汚れを超える破損や故障の場合でも、修理にかかった修理代は、お客様のご負担はございません。
但し、紛失・盗難の場合は同等物の購入費用をお客様にご負担いただくことになります。

これに関しては
よくある質問の中に掲載されているが最も気になる部分であると思い抜粋
サイト内よくある質問

Q:レンタル中に腕時計を破損・故障させてしまった場合はどうなりますか?

A:直ちに当社にその旨を連絡すると共に、当社からの指示に従って下さい。

商品の状況をお聞きした上で、早急にご返却をお願いする場合がございます。

通常の使用に伴う若干の汚れまたは微細な傷であると当社が判断した場合には、当該破損等については本会員に対する補償金を求めませんのでご安心ください。

通常使用でのキズや汚れを超える修理が必要な破損等の場合は、適正な修繕にかかる費用または破損等による当社の損失相当額をご負担いただきます。

完全に修理することが不可能な破損等がある場合、会員様が当該商品を買い取ったものとみなして、当該商品について当社が査定評価した金額をご負担いただくことになります。

腕時計の取り扱いには十分ご注意ください。

最短で、即日審査、即日決済、即日発送が可能である
混雑具合にもよるが対応が早い
月額利用料の5ポイントが還元される
長くサービスを利用すればポイントが溜まる仕組みである
また
その溜まったポイントで月額利用料を支払うことができる
サービスを利用し続けて退会するまで有効である
※全てのプランに共通していることは先ず無料会員にならなければならない
その後
システムや料金や商品が気に入れば有料会員になって利用できる
●利用の流れは
自宅でレンタルした腕時計を受け取り、その日からご使用することも可能
1ヵ月単位でレンタルが可能だが、返却期限がないので満足いくまでご利用できる
※毎月のご利用料金は必要
腕時計を交換したい場合は
次の商品を予約して現在レンタル中の腕時計を返却すると
予約した腕時計がまた送られてくる
※サイト内の詳細でも書かれているが
申し込み後に本人確認などの審査がある
(通常の住所、氏名、連絡先などとクレジットカード決済など)
ここでのポイント
【各種サービス充実しており順番にグレードアップしていくことも可能】

WATCHRENT(ウォッチレント)はサブスクだが実際の腕時計の需要は?

WATCHRENT(ウォッチレント)のサービスを利用して
もし気に入った時計に巡り合いその時計が欲しいとなったときは
そのままレンタルから購入へ移行するシステムは今のところ
WATCHRENT(ウォッチレント)では購入はできないのが残念ではある

ただ
これは私見であるがブランド時計が好きな人でお金に余裕がある人は
数十万円でも数百万円でも支払うことができるなら購入するだろう

昔の古い例で申し訳ないが
ROLEXなどの高級ブランドの800万円とか1,000万円の腕時計は
富裕層の証のような役割を果たしていた時があった

もちろん現在でもブランド時計が好きな富裕層は特に問題なく
1,000万円でも2,000万円でも問題ない人もいる

しかし
今はデジタルの機能的なスマートウオッチなどへと需要は傾き始めている
何度も同じことを言うが
時計好きの富裕層でお金に問題ない人は好きな腕時計が買える

デジタルの高級なスマートウオッチだって買うことができるだろう

私の考えは冒頭でも述べたが
デジタル時計とブランド時計は別物だと考える

これは
使い分けと言った方が良いかも知れない

普段の仕事場にデジタルのスマートウオッチをつけていた方が効率が良い
ウオーキングやランニング、ジムで汗を流すときはスマートウオッチが良い
そうでない
結婚式や講演会などでフォーマルが必要な時は
ブランド時計でビシッと決めた方が単純にカッコイイ
カジュアルでデートの時や合コンの時なども
ブランド時計で決めた方が確実に印象は良い
それと
見た目で人間は判断できないというが、ブランド時計をつけていたら
普通は「そこそこ稼いでいる人で仕事ができる人だろう」と思ってしまう
逆に言うと
見せかけでブランド時計を身に着けていて実際に話をしたり
仕事を共有したりすると「全く駄目なヤツやん!」ともなり兼ねないから要注意

WATCHRENT(ウォッチレント)のサブスクは手頃な価格から楽しめるが
ゴールドプイランやプラチナプランは月額費用は高めである

それらのプランを利用する人は
そこそこのブランド時計を購入できる経済力があるだろう
しかし
WATCHRENT(ウォッチレント)のサブスクを敢えて利用するのは
その時のシチュエーションで腕時計を使い分けて楽しむことができる人だ

つまり
WATCHRENT(ウォッチレント)のサブスクを利用する人は
基本的にブランド時計の良さ、役割、必要性を認識できている

もしまだ本当の意味でのブランド時計の良さが分からないなら
しっかりとブランド時計の下調べをして腕時計が好きになってからでも遅くはない
なんとなくブランド時計をつけて良さを知りたい人は
始める入り口としてブロンズからが良い
だんだんと良さがわかりグレードを上げたくkなれば
仕事やスキルを多く身に着けて稼ごうとと思う動機になる可能性だってある
ここでのポイント
【ブランド時計にはただ高級だけではない付加価値が必ずある】

これからのサブスク市場はWATCHRENT(ウォッチレント)も含めて必要である

腕時計もサブスクで着替えよう【WATCH RENT】

サブスクがこれからの時代に必要なのは
企業、販売者、ユーザーすべてにメリットがあるからである
企業は安定した注文数が得ることが出来れば開発も研究も加速する
販売者は余計な在庫を抱える必要はなく必要な企業と提携しやすくなる
ユーザーは最初のまとまった購入金額が要らない
万が一に備えての保険制度のようなシステムがある
WATCHRENT(ウォッチレント)などの商品は常に新しい感覚で身につけられるから
気持ち的にもいつも新鮮で引き締まった気分でいられる
これらから考えて
サブスクで最もメリットがあるのはユーザーである
「使い捨て」ではなく商品を新しく交換できるから環境にも良い
冒頭でも書いたがデジタルウオッチは機能性のいわばコンピューターであるが
従来の腕時計はお洒落の身だしなみの一環でありファッションであり
アイデンティティーだと言っても過言ではない

公式サイトでも掲載されているが
参考動画を載せておく

WATCHRENT(ウォッチレント)のサブスクを必要ない人

ハッキリ言って腕時計に全く興味がない人はこの記事を読んでいないと思うが
腕時計に全く興味がない人は無理に
WATCHRENT(ウォッチレント)のサブスクを利用する必要はない
見せかけだけのカッコよさをアピールしたいだけとか
経済的に無理なのに見栄を張ってまでこのサブスクは必要ない
ブランド時計やその他のブランド品が本当に好きな人は
ブランド商品になるまでの経緯をわかっている
ブランド時計の本質を分かっているから購入したい
しかし
「高級腕時計は今の自分の収入状況では無理だ!」
「どうしても高級腕時計を買うんだ!」
と思ってスキルを高めて仕事を一生懸命して手に入れたいものでもある

少なくとも私の若い時はそうだった

今回のWATCHRENT(ウォッチレント)のサブスクを紹介するのは
ブランド時計の本質を知っている人か
これからブランド時計の本質を学びたい人向けに紹介する
これからの世の中
金融資産はどう向いていくか予測k不可能な状態かもしれない
「金(ゴールド)」の相場が上がっているのも何故か?
そのあたりにもヒントがあるのかもしれない
ブランド時計の価値はこれからも上がるだろうし価値が下がることはない

最後に

高級腕時計というと男性イメージが強い商品だが
昨今では女性の社会進出が注目され、様々な場で活躍する女性が増えている

多くの女性にもブランド腕時計を身に着け
腕時計の魅力を感じて、より女性の社会での地位と価値を上げるのには
WATCHRENT(ウォッチレント)のサブスクはとても良い

働く女性を応援する【WATCH RENT】

腕時計もサブスクで着替えよう【WATCH RENT】

コメント

タイトルとURLをコピーしました