スポンサーリンク

野菜嫌いの子供も野菜不足の大人も食物繊維が足りてない【補う方法】

野菜嫌いサブスクリプション
この記事は約7分で読めます。

野菜嫌い

野菜嫌いの子供は多い。だからと言って無理やり食べさせても更に嫌いになる?
みじん切りにして工夫するのも手間だが必要かもしれない。
高齢者で野菜は嫌いでないけど食べる作業がしんどくなってきたときにも
野菜不足で食物繊維の不足が起きると身体に良くないのは誰でもわかる
いろいろ工夫しながら現代の栄養機能食品などを利用するのはアリ

スポンサーリンク

野菜嫌いと食物繊維の関係性は切り離せない。特に子供と高齢者は注意

野菜嫌いの子供や野菜不足を補う方法は様々だが「ひとてまい」が良い
単純に手間がかからないのと費用対効果が良いからだ(健康対価)
野菜不足=食物繊維が不足すると腸内環境が悪くなり便秘などの原因になる可能性がある。野菜嫌いの子供は特に6歳ぐらいから気をつけたい

栄養機能食品(ビタミンE)「ひとてまい」はこちらから!

ひとてまい

商品名 ひとてまい

名称フィッシュコラーゲン・水溶性食物繊維含有加工食品
原材料名食物繊維(ポリデキストロース)(米国製造)
コラーゲンペプチド(ゼラチンを含む)中鎖脂肪酸含有粉末油脂、オリゴ糖
海洋深層水ミネラル粉末/トレハロース、ビタミンE、
乳酸カルシウム、ヒアルロン酸、ビタミンB1、ビタミンB6
内容量100g(専用スプーン約30杯分)
※栄養機能食品(ビタミンE) ビタミンEは、抗酸化作用により
体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素
保存方法直射日光や高温多湿のところを避けて冷暗所に保存してください。
使用上の注意
●乳幼児の手の届かないところに置いてください。
●原材料を参照の上、食品アレルギーのある方は、お召し上がりにならないでください。
●スプーンご使用の際は、必ず乾いたものをご使用ください。
●炊飯時に炊飯器の底が黄色く変色する場合がありますが、栄養成分が沈殿したものであり、
安全性に問題はありません。よくかき混ぜてお召し上がりください。
●薬を服用中あるいは、通院中の方はお医者様とご相談の上お召し上がりください。
●開封後は、賞味期限にかかわらず、なるべく早くお召し上がりください。
●食べすぎあるいは体質体調により、一時的におなかがゆるくなる場合があります。
その場合はご使用を中止し、お医者様に相談されることをおすすめします。
●乾燥剤が入っていますので、誤って召し上がらないようにご注意ください。
●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを
●1日あたりの摂取目安量:5ccスプーンすりきり1杯(3.3g)を目安にお召しあがりください。
●本品は、特定保健用健康食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
●本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。一日の摂取目安量を守ってください。
●一日あたりの摂取目安量に含まれる機能の表示を行う栄養成分の量の栄養素等表示基準値2015(18歳以上、基準熱量2,200kcal)に占める割合:ビタミンE1,320%。

ひとてまい 公式ページより参照

単品購入価格 2,980円(税別)100g 送料630円

定期コースなら
初回半額 1490円(税別)送料無料

1回目(初回購入)
1,490円(税別)【半額+送料無料】

2回目 (1ヶ月後)
2,831円(税別)【5%OFF+送料無料】

その後、ずっと5%OFF※+初回からずっと送料無料

※は軽減税率対象商品である(8%)

注文の手間を省き毎回お得なお値段でお買い求めいただけるコース

初回のご注文からおよそ1ヵ月後より
初回ご注文数を1ヵ月に一度「定期発送」される
次回発送10日前までにご連絡すれば
いつでも「休止」できる
再開も自由。 初回発送日と同日に毎月発送。
・初回と同じご注文数をお届け。
・初回と同じお支払い方法。
・発送予定日10日前までの連絡で、発送ご希望日・お支払い方法の変更OK!

「発送日を変更したい」 「支払い方法を変更したい」 
「まだ商品が余ってるから1ヵ月スキップしたい」 などご要望があれば
次回発送10日前までにカスタマーセンターへご連絡する必要あり

まとめコースもある
12袋まとめ買いコース
単品購入金額合計
35,760円(税別)が25,032円(税別) 送料無料
※1袋あたり2,086円(税別)

単品購入した価格をもとに算出すれば
家族4人だと約3ヶ月分(1日1杯×30日4人分)で
10,728円OFFの計算になる

その他クレジットカードをもっていなくても
電話で分割払いの申し込みができる

公式サイトから確認できる

ひとてまい

野菜嫌いで偏食気味で悩んでいる人には特におすすめ

厚生労働省による日本人が1日必要な野菜は350gだというのは周知されている
しかし
子供も大人も男性女性関係なく野菜不足なのが事実

私の経験上でも
毎日350gの野菜を食べ続けるのは無理

忙しいママさんが工夫して手間をかけて子供には野菜不足にならないように
元気でいてほしいし健康でいてほしいきもちで頑張っているのも事実

でも「毎日は難しい」のが現実
特に子供と大人の味覚には差があるから
野菜で食物繊維が必要となってくる6歳ぐらいの子供が野菜を食べれないのが
子供が野菜嫌いだと一般的には思われている
※大人になれば子供のころ嫌いだった野菜も食べられるようになる方が多い

その最も野菜の食物繊維が必要とされる子供達にも「ひとてまい」は最適

白米を炊くときに混ぜるだけ
煮物やシチューなどにもスプーン1杯入れるだけ
どのような料理にも使える
調味料を入れるタイミングで一緒に混ぜるのがベターである

公式サイトの質問コーナーから抜粋すると

幼児は一応問題ないとされているが3歳以上の子供が対象
妊婦さんも問題ないとされているが一応医師と相談要
(これらはキチット相談した方が安心できるということ)
 

アレルギー物質に関しては
特定原材料、特定原材料に準ずるもの

えびカニ小麦そば
落花生あわび
いかいくらオレンジカシューナッツ
キウイフルーツ牛乳くるみごま
さけさば大豆鶏肉
バナナ豚肉まるたけもも
やまいもりんごアーモンドゼラチン

ひとてまいに含まれるアレルギー物質はゼラチン

ニオイはほとんんどないが
人によっては多少感じる人もいるかもしれない
これは
コラーゲンやビタミンEのニオイである
ほとんどの人は料理に混ぜて食べても分からないニオイ

ここでのポイント
【野菜嫌いで食物繊維が不足気味ならひとてまいをおすすめする】

野菜嫌いは子供に多いのは当たり前、大人が工夫する。食物繊維も摂る

先ほど野菜が嫌いな子供が多いと書いたが
大人でも野菜が嫌いな人はいる

野菜全部が嫌いと言うわけでなく特定の野菜
例えば
ニンジンだけは食べれない(嫌い)
キューリはあお臭くて無理!
しかし
スイカとか普通の瓜は食べれるなど少し厄介なのは大人に多い

これはトラウマなのか?もしくは食べれないと思い込んでいるだけなのか?
そのあたりは本人でないと分からないことである
それと
ハッキリ言って大人で特定の野菜が嫌いだとか食べられないのなら
その野菜を食べる必要はない

無理して調理方法や姿かたちを変えてまで食べる必要もないし
食べさせる必要もないと私は思う
それは
その野菜に変わる栄養素を含んだ野菜はたくさんあるからそれを食べれば良い
それよりも
子供の場合はまだ舌(味覚)が出来上がっていないから
野菜に苦味であったり独特の臭みが嫌いになる原因にもなるから
そのあたりはママさんが工夫して何とか食べさせて
トラウマを作らないようにしておいた方がその子供のためでもある
まあ、大概は大人になれば青臭い菜っ葉のお浸しなどが逆に好きになる
それまでの間は「ひとてまいを活用して
子供の野菜嫌いと言うか食物繊維の補強として使うのが良い
ここでのポイント
【野菜嫌いも大人になれば食べれるようになるものだが
成長期の子供には野菜の栄養も食物繊維も必要だから補強として
ひとてまいを混ぜた料理を作るのがベスト】

大人でも野菜嫌いはアンチエイジングに良くない食物繊維が必要

そこで子供以外の高齢者なども実は野菜不足になりやすい
それは
食べる量が減ったり食べる作業そのものが難しくなったりするからである

全ての年齢に言えるが
特に50歳を過ぎたら野菜不足による健康不良などには注意だ

これは私の経験上ではあるが
私は50歳でワレンベルグ症候群を発症してしまった
それが野菜不足だけが原因だとは言わないが
不規則な食事の習慣も病気の原因だったと言える
中性脂肪の異常数値なども病後わかったことだ

血圧などが高めの人とかは要注意

ある程度の年齢に達したら自ずと食事の管理や体調管理を気にするものだが
仕事の関係や友人との付き合いで食衣生活が乱れるのが現実

それがずっと続くと高齢者になってから
食べたいものが食べれなくなったりするから、それはできるだけ避けたい

人生を最後まで往生したいのなら「ひとてまい」を活用するのもアリだ
ここでのポイント
【人生はできるだけ長く食べる幸せを味わいたいものだ】

最後に

子供が野菜嫌いで悩んでいるママさんは多いようだが
あまり神経質になり過ぎないようにして
ひとてまいをうまく活用することで自分自身の身体が楽になるだろう

価格的にも時間と手間を考えればその費用対効果は良い

日々の料理を作るのが楽しくなるのも良いところである

ひとてまい

コメント

タイトルとURLをコピーしました