人生の音

始まりがトキメキ♪

profileなど

2017.06.18 追記

何のためにDTMをやっているのか。
これは自分が死んだ後に作品として残るもの。
今まで何も残せなかったから、せめてもの遺書代わり。

自分を知っている人、他人でも身内でも(あまり多くもない)

その人たちに独りでずっと考えて来たこと、

独りと言うことがどれだけしんどいことか・・・

等々、どうせも良いことだがその意味も込めて。

自分が伝えたかった事を歌にしておく。
誰のためでもなくただ運がよければ死後誰か知っている人が見てくれるだろう。
その中で楽しみながら遊びながら学びながら。
その行動はリハビリである。生きるために必要な日々の作業。
難しく考えずにひたすら作り続けるのみ。
創作が出来なくなった時点で人生も終わり。
と言うことだな。

 

2016.08.27

EWIそしてDTMを始めたキッカケかな

2016年リオ五輪を見て次の2020年東京五輪までは生きたい。
そのように感じてEWIを始めました。

オリンピックと何が関係している?
そうですねー
特に北京オリンピックそしてロンドンオリンピックはしっかり見ていました。
勿論その前からも普通にオリンピック見ていたのですがね。
2008年頃はまだまだ元気でバリバリで厨房に立っていました。
仕事づけでもありましたね。
身体の中身はあんまり元気でなかったのかも知れないですね。
2011年の8月に小脳の脳梗塞でね・・・
ただ自分で早く救急車を呼んだので重篤にはならずに済みました
でもだんだんと後遺症がネ・・・見た目以上にヤバイデス。

しかし世の中にはもっと大変な人はいます。だからって言いうわけではありませんがもう少しは頑張らないと・・・そう思う今日この頃です。
人にはsixth senseと言うものもありますがそれ以上に自分にしかわからない自分の身体があります。
僕は自分でそんなに長くは生きれない体だと言うことは分かっています。
ただ思う以上よりは長く生きたい。せめてあと10年はね。そこから先はその時に生きていれば感じると思います。

そんなことを思ったのもついこの前のリオのオリンピック。
と同時にEWIに出会ってこんな楽しい楽器があるなら前向きに生きよう!
とにかく2020年のオリンピックは見たい。そう思っただけです。
なんとなく重なっただけですがね。
4年生きればまた次も・・・そうなると思います。

この歳になってからの挑戦ですが10年先まで生きて頑張れば、その時は音楽やってますって笑えるかな。。。
1961年2月生まれ。

小学生の頃、たて笛がちょっとだけ上手かった。
中学生の頃ギターとか好きでバンドを組んでいた。
(誰もが通る道かなw)
高校生3年間吹奏楽部でクラリネットだけ吹いていた。
その後は調理の専門学校を出て中華料理の世界へ・・・

料理の事だけを考える日々・・・

趣味でギターは少し弾いていたりしていたけど2年前左手首骨折で手首が曲がらないくなった。
音楽は聴くだけ。病後はカラオケにも行っていない。

そんなつい最近までの生活・・・

10年なんてあっという間だ。。。