人生の音

始まりがトキメキ♪

久々の更新。生きていることに感謝だよねー

| 0件のコメント

You Tube アップロード2作目・・・
なんてそんなにメッチャ凄いものではないけれど
あくまで自分のやりたいことに今の現状で少しでも近づけていく
最近特にデジタルな音?
コレの未知の可能性を考えるようになってきたね。

1964年からの目まぐるしい発展と共に
1965年にはあの富田勲氏がやってくれましたもんねー
ジャングル大帝はリアルな放送はたぶん見ていたと思うけれど
まだ4歳だからその時の記憶かどうかは分からないな。
しかし再放送もあったのかテレビで必ず見ていたのは覚えている
その時の曲が衝撃的だったのもネ。
漫画の音楽じゃないって子供の頃に感じたのかな
漫画、アニメなのに大人のドラマを見ている仲間入り的な感じだったねー

そのころからデジタルの音はすでに聴いているんだよね
音源がアナログなだけで音は最新・・・
最近アコースティックなアナログな音が良い?
そんなことも聞いたり感じたりするけど
普段BGMもそうだしTVもプレイヤーから流れているものは
デジタルなんだよねー
ライブはまた別の捉え方だけど
普段よく聴くデジタル機器からのアコースティック、アナログ的な音
そういうものに何を求めていくのか?
プレイが上手い下手は置いときます。(僕はまだまだ下手だからね、上手くなったら語りますw)
音がアナログと言うよりノスタルジーなものを求めているのかも知れない
変な言い方だけど僕のような年齢の人もそれなりの音に対する意識がある
若い人は現代風なんだけど古いものが新鮮に感じたりするようだし?

そこら辺りがもっと突き詰められていけば何かが生まれる気がする・・・
何てねw

先ずは4年後そして10年後を目指しているオッサンです。

生きていればの話だけどねー

では今回は
「ルパン三世・真っ赤な太陽・恋する季節からのルパン三世」

色々やって見たいんだよね。。。

大野雄二 作曲

モンキーパンチ原作アニメ「ルパン三世」の主題歌
「ルパン三世のテーマ」
1977年10.25リリース
魅力的な曲ですよね
ルパン三世が「行動」「盗む」「喜ぶ」
普遍性と古臭さ・・・マカロニウエスタンを意識して作曲されたどうです。
Thirty-two-bar formでの構成で個人的にはインストゥルメンタルが好きでもある
ただ、しっかり歌詞を聴き込むとまた味わい深いものであるよね

真っ赤な太陽 美空ひばりとジャッキー吉川とブルーコメッツ
1967年5.25リリース

グループサウンズ全盛期でありゴーゴーが流行っていいた・・・と言っても僕はまだ6歳。
後々の音楽番組であったり吹奏楽であったりオーケストラ、ビッグバンドなどでも演奏されてるね
カバーされている方も多く今尚歌い続けられている。
カッコイイ楽曲です。
作曲 原信夫 作詞 吉岡治

恋の季節
ピンキーとキラーズ デビューシングル
1968年7.20
作曲 いずみたく 作詞 岩谷時子

この曲は僕は子供ながらにはっきり覚えているな。
ノリノリで歌も踊りもカッコよかった
中学生の頃にもバンドで演奏していたりギターのカバー曲でも誰もがやっていたね

今陽子さんもかっこいいですよね。

そんな懐かしくもあり記憶にずっしりと残っている曲
EWI5000で
69番Accordimgly 45番Wide Trumpets 49番Reece など
リフも吹いたり多重録音的なアナログ音?アンサンブルみたいな・・・
dawは
ACID Music Studio 10
midiは今回も使わず
後はベース、ドラム、パーカッション・・・ループ素材
シンプルなデジタルとEWI5000のデジタルだけどアコースティック感
気分的にはアナログ感も大事に
フェードアウト、インでなくB♭でそのままカットインしながら
こんな繋げ方も良いのか?と思いつつ楽しみながら作ってみた

Movie Studio 13
画像はフリーのものばかりで曲のイメージだけである。
演奏中の動画はエズラが悪い僕だからね~今回は止めといたw
立って吹けるとカッコいいんだけど
身体の都合上、座ってしか無理ですから、いつか座ってでも様になってくれば演奏中動画もアップしたいな。

オーディオifはSteinberg UR22

vibraslapは下記のフリー音源を使わせていただきました

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

こちらの

EWI5000のmidiエディタもまだ使用せず内臓の音だけで挑戦
dawも打ち込みも出来るようになれば良いのだが
やはり鍵盤が重要だな。
最新バンドル、KOMPLETEとかは高いしねー
値段もともかく使いこなせる知識と技術を取得しないとね
そのあたりはまだまだ先だな。

EWIとループ素材とワンショット音だけでシンプルな音、古臭い感じで新鮮さを模索中。

次回の更新までとにかく生きないとね。。。

コメントを残す

必須欄は * がついています