音を楽しみながら学び練習。
音楽だけではないが必ず壁とか手ごわい部分がある。
後から考えるとそんなことだったのか・・・
理解できてわかる事
練習して出来る事
要は歩む道は何もないわけがない
大なり小なり困難はあって当然

肉体を使って体力の限界に迫るようなこともあるが
大抵の事とはやればどの壁を乗り超えるか崩すかできる
時間がかかっても良い
今日出来なくて明日になれば出来るかもしれない
明日出来なくても明後日出来るかもしれない

とにかくやめないことだ
練習とはそういうものである
時間単位で上達してはいるのだろうけど
目に見えるのは数日経ってから

今をしっかり練習して
時には一週間前とかを振り返る

かなり上達しているはず。

録音とかしておくのも良いかも知れない

そしてやはり基本である
基本、基礎を確実に日々練習する事
自己流にならないようにすることが需要である。

本日も基本のスケールの練習

全スケールがだいぶスムーズに指が動くようになってきた
だんだんテンポを上げていく

全調の3音アルペジオ・・・
ペンタトニックをもっと練習
これも欠かせない

そして
音を聴く弾く、運指と音がマッチするまで
描いた音を出すには音を描けなければ・・・

これも毎日である。

壁は分厚く高くて手ごわいがコツコツ壊していく
とにかく先は長いのだ

ーーーーーーーーーーーーー

では今日も元気を出して!!

ーーーーーーーーーーーーー



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。