声と歌

先ず、このテキストを読みに来てくださった方に御礼申し上げます。
このテキストはSNSなどでは直でお知らせしていません。
つまりあれこれとプラットホームを経由して
わざわざここにたどり着くと言うことです
ですから少しだけ僕に興味を持っていただけた方だと思います。
それとおっぴろげに言う事でもないですからね。
出来る事なら知られたくないことでもあるw
と言うことを書いてますw

プロフィールなどに2011に発症した病気のことなど書いていますが
発祥した病気の事をどうのこうの言っても元には戻らない。
完治する怪我とか病気ならああ~そんな病気したことあるなあ~
ふと思いだして笑い話になるかもしれないネ。
治らない病気に関しては今以上悪くならないように
懸命にリハビリとか治療とかお薬も必要だろうし
後は自分との闘い。
勿論症状にもよるしその病気になった人でしか
分からないことが全てと言っても良い。
つまり運が良いとか悪いとか
もっと症状が酷い人がいるとか生きてるからマシとか・・・
そういう問題でなく
今、その病気でどういう生活を送っているか。
それが重要でそれが人それぞれ違うと言うことである。
他の病気とか同じような病気の人でも
それぞれの環境とか症状は違うから自分でしかわからないことが
誰が何と言おうと正解なのである。
自分が自分にごまかしたり嘘をついても仕方ないからねw

まあ、そんなわけで僕は
2011年から2011年7月7日現在
延髄外側症候群の症状の中で
二重に見える症状はなくなった
回転性の眩暈も今はおさまっている
自力で歩けるようにもなった
嚥下障害で唾も飲み込めなかったが
今はあんまり固いとか大きなものは飲み込めないが
まあ、普通にゆっくり食事出来る。
血圧はお薬で今は正常値
中性脂肪なども問題ない
血液検査では異常ないと言ったところ。
では普通に暮らせるかと言うとそうはいかない。
上記の改善された部分はかなり嬉しいことで
独りで生活していく上で最低限必要な事でもある。
それで
今ナカナカ改善されないのが左半身温痛覚障害
これは麻痺でなく動くが感覚が違和感があり
季節の温度の変化に結構大変。
やけどとかには注意。
回転性眩暈は改善されたが「ふらつき」が大きくなってきている。
立ちくらみもあり毎日毎時、静から動の時は注意。
油断大敵。
今までにこけて左手首骨折
右鎖骨骨折
一瞬意識がなく倒れて右眉毛のあたりを20針縫うけが
幸い打ち所が良く自分で救急車呼んで助かる
今回の骨折に関しては左手首が曲がらない。
ギターとかは弾けなくなった
鎖骨はまあ、ちょっと痛いかなw

後改善された中で大きいのはだいぶ息が続くようになってきたのと
声が出るようになってきた
一時は右の声帯が動かなかったしね。
声変わりしつつもw
だいぶ普通に声が出るようになってきた。
そろそろ歌も歌える気がするw

障害者の等級はない。障害者ではないってこと。
ただ後遺症はその他にも多々ある。
まあ、何とか一人で今は生活できている。
歳と共に筋力の低下でますますふらつきとか大きくなるが
これ以上怪我しないように
少しでも長く生きれるように
精神的に何でも良いからモチベーション上げれることを探して実行。
それでせめて65歳までは生きないとね。
おそらくそのあたりがリミットではあるが
頑張ればその時間も1日でも長くなるかもw

と言うことで音楽をを通じてモチベーションを上げているところ。
そんなことでボカロもやりながら自分で歌うことにも挑戦だな。

音を作るのが楽しいからオケは自分で作るのにこだわってだな。
今はこのような心境だ。
また環境ややることが増えれば追記しよう。

2017.07.07