炒飯は中華料理の基本でもある

炒飯は一粒一粒パラパラになっている?
そう教えられてパラパラ目指して日々練習したものです

家庭では卵ご飯にして
パラパラにするなんて裏技が流行りました

それが最近と言ってもかなり前ですが
しっとり炒飯が旨いと言う人も出てきた

そのしっとり炒飯の裏技を教えます

スポンサーリンク




炒飯が美味しい根本的理由を誰も言わない

炒飯、チャーハン、焼き飯とも言いますが
中華料理の鍋のポジションで
一番最初に覚えなければならない料理です

専門店の
高級中国料理店と言われる一品料理やコース料理がメインのお店と
大衆中華料理店と言われるランチメニューやセットメニューのお店では
炒飯の販売量が違います

圧倒的に大衆中華料理店の方が炒飯は売れます

考えたら炒飯とかラーメンを目的に食べに行くのですからねw

どちらのお店でも
炒飯が不味かったらその中華料理の全ての料理が不味いと感じます

それだけ炒飯は中華料理の基本であると言うのが
炒飯を作ったことのない人でも言います

では炒飯を一番美味しく作る根源は何だろう

それは

「米」です

日本人は特にお米が好きです
昔、外米が炒飯には向いているとか言っていたのは
今では都市伝説ですw

昔から中華料理店でも米を厳選しているお店は
当たり前にありました

家庭でも美味しい炒飯を作りたいのなら
特別高級な米でなくてもイイですから
ちょっといつもよりかは贅沢な米を使いましょう
(普段から米は良いもの食べてる人はそのままでw)

誰でも出来るしっとり炒飯の裏技

そしてここが今回の一番重要な部分です

先に答えを言います

炊飯器で炒飯用に味付けして炊きましょう

炒飯は冷ご飯とか残ったご飯とかで作るのもありですが
美味しいしっとりとした炒飯を作るなら
炊飯器に洗った米(もしくは無洗米)をいれ
塩、化学調味料(もしくは中華出汁の粉末)そしてサラダ油を入れて
炊飯するのです

水加減は普段の白飯よりやや多め
これで柔らかい塩味のご飯が出来ます

更に美味しくしたい場合は人参とか玉葱もお好みで入れましょう
後から入れるより野菜も柔らかく野菜の味もご飯に沁み込みます

そして炊き立ての味付けご飯を卵ご飯にして炒めても良いし
卵をフライパンで半熟にしたところに炊き立てのご飯を入れて
炒めていっても良いですね

ここでのポイントは
炊き立てのご飯をすぐに炒めるところです
ご飯は冷めると水分が抜けて固まります
少し冷めたぐらいが美味しいと言う人もいますが
せっかくしっとり炒飯を作るのですから
水分があった方が良いのです
フライパンで炒めると適度に水分が抜けて美味しくなります

炊飯器で炊いて炊き立てを炒飯にする最大の美味しい理由は

しっとりした炒飯なのにお米がパラパラになっている

お米が硬くてパラパラにするのは以外と簡単です
お米が柔らくてしっとり炒飯だけどなんかベタネタしている
と言うのが間違ったしっとり炒飯です

それらを解消できるのが
炊飯器で炊いてから炒飯を作ることです

ハムとか叉焼とか葱、香りつけの醤油などは
フライパンで炒めるときに入れましょう

スポンサーリンク





炒飯は多めに作って冷凍

ご飯を炊くときに一人用の炊飯器でも
最低1合とかですね

3~4人の家族なら
3合は5合ぐらい炊くのは当たり前です

炒飯のご飯を炊飯する時も
いつも通り3合とか5合炊きましょう

それを全部炒飯にするとかなり多いです
でも大丈夫
作って冷ましたら小分けにして冷凍です

ご飯は炊きたてを冷凍保存するのがベストですね

同じことです

食べたい時にいつでも
レンジで温めれば美味しいしっとり炒飯が食べれます

時間があるときに
炒飯だけを多く炊いて作って冷凍しておくのもイイですね

そのまま温めて食べるのも良いですが
時には餡かけ炒飯にしたり
ホーレンソーなど混ぜて翡翠炒飯にしたり・・・

冷凍炒飯があればかなり応用できます

時短にもなりますね

まとめ

実は大衆中華料理店では炒飯の販売量がメッチャ多いです
人気店だったらおそらく一日15升ぐらい炒飯で使うと思います

そうなったら一人前ずつ作っていては間に合いません
つまり
大衆中華料理店で炒飯の美味しいお店は
炊飯器で炒飯の素を炊いています

後は卵と炒めてオーダーが来たら使うだけ炒めて
味を整えるだけです

いつ食べても安定した味で美味しいしっとり炒飯です

Good luck is in the yourself!

Amazonで便利に賢くお買い物


投稿者プロフィール

ikuzo001
ikuzo001
長年中国料理を研究しながら職人でもあった目線から「食」に関する事、そこから見えてくるもの、そして「人生」も色々考えちゃうサイトです(#^.^#)
人生はコツコツとやりたいことをやり続けるのが重要ですよね
100歳以上生きる時代を頑張ります