ブログの旬を書こうなんて昨日は書きましたが
ブログには書いてはイケないことはあります

今このネタが旬だから便乗して書いちゃおう
誰もが考えることですが注意が必要です

便乗するのは良いのですが、あくまでも自分の記事を書きます

書いてはイケないこと
キットお分かりだと思いますが
しっかりと注意することを確認していきましょう

スポンサーリンク




 

書いてはイケないことは多いけれど注意すれば大丈夫

コピー&ペーストは当たり前に使うしやりますが
ブログの記事に他人の記事をほぼ全部とかは論外ですし
部分的に引用しましたとかで
引用のタグを入れて引用元も明記しているのとかを見ます

ここで注意ですが

全ての著作物の著作権者には「複製権」があります
そのため
私的利用のための複製はOKだが他人が無断で複製することは駄目です
(ブログやSNSは「私的使用」ではありません)

では何で引用タグがあったり実際にブログなどで引用されているのか?

著作権法上は私的使用目的に限らず、
「公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上
正当な範囲内で行なわれる場合には、無断で他人の著作物(公表されたもの)を引用することができる」

となっています

実はこれも引用させていただいています

みんなの著検 著作権コラムより
下記サイトを参照してください

先ず一つ目にこの著作権と引用や転載について把握しておくことです

特に「無断引用禁止」と明記されているものは注意が必要です

リライト(参考記事を見て自分の記事に書きなおすこと)する時には
特に注意して書きましょう

これ大丈夫なんだろうか?

そう思った時点で別の書き方を考えましょう

ブログを書くときに使えるツールも利用しましょう
コピーチェックが出来るサイトです
基本無料ですが有料版もあります
(私はたまに無料版を使っています)

スポンサーリンク



エンターテイメント系は特に注意して書きましょう

ブログ記事でエンターテイメント(エンタメ)は大人気です
見てくる人読んでくれる人が多いから
アクセス数がアップ出来る事に期待できます

私はエンタメの記事を見るのは好きですし
ブログも動画もたくさん見ます

でもこれは駄目でしょ!ってやつ

TVの映像を一部アップしていたり
芸能人の写真を無断でアップしていたり
完全に違法です著作権者、複製権の侵害です

しかしグレーゾーンだから大丈夫だと言って
アクセス数だけを狙って記事にしているものです

それはね「違法です」ってCMでも言ってますw

グレーゾーンと言うのはないと思った方が良いと思います

無料のブログサイトだったりすればアカウント停止になります

SNSでも最悪アカウント停止です

ただね、そういう人はアカウント変えてまでまたやるそうですね

私はそんな手間なことをするよりは正当な記事を書いて
時間がかかっても自分の言葉で考えた良い記事を書くことをお勧めします

アドセンスをしている人やこれから申請する人は尚更です
(アドセンスについては別の記事で書きます)

AdSenseヘルプ禁止コンテンツを参照してください

感情的な記事と恨み辛みはNG

人生やっていると日々楽しいことばかりではありません

時には「チキショウ」と思うこともあるはずです

その思いをついついブログなどで発散したくなるものなんですw

でもねブログを書いて収入を得たいと思うならやめておきましょう

コンセプトも関係ない自分の好き勝手にブログを書くだけの人は
好きなように書いてください
ただ、個人名を書いたり気に入らない会社を誹謗中傷したりすると
人権侵害や名誉棄損、侮辱罪、信用毀損罪(しんようきそんざい)
業務妨害罪などの罪になることがありますので注意してください

下記のサイトを参照すると良く分かります

日々のうっぷんを晴らす場所がブログにならないようにしましょう

ブログのコンセプトを確認して
ブログを書いて収入を得ると言うことを肝に命じましょう!

まとめ

簡単にブログに書いてはイケないこと、注意点を書きましたが
これは極々普通の事であり難しいことではありません

交通ルールを守らないと事故にも遭うし反則切符を切られます

ブログを書いて収入を得るには
ルールを守ると言うことが絶対条件です

難しいことではありませんよ
規約などしっかり読むことです

では今日はここまで・・・

ヒントはありましたか?

ブログを書くヒントも良いけど具体的なツールとかあるのかVol.1

便利に賢くお買い物


投稿者プロフィール

ikuzo002
ikuzo002
長年中国料理を研究しながら職人でもあった目線から「食」に関する事、そこから見えてくるもの、そして「人生」も色々考えちゃうサイトです(#^.^#)
人生はコツコツとやりたいことをやり続けるのが重要ですよね
100歳以上生きる時代を頑張ります