誰家無明月清風(たがいえにかめいげつせいふうなからん)
これを読むのはかなり難しいですねw

ただ
誰家無明月清風の意味を知ればなるほどと思います

人生はだんだんと歳をとるのだけは避けられません
同じ年を取るのでも誰家無明月清風の意味を知っておくと
美しくまだまだ長生きできそうに感じます

スポンサーリンク




優しくもあり心清らか、それが本当の強さです

人は歳をとると丸くなるなんて世間一般に言われています

中には
丸くならないお年寄りも多いが、それはその人の性格であり
頑固なうちは元気なのかも知れませんw

普通には丸くなっていくのが自然でもあります
それは人生の経験値と死生観の現れでもありますね

若いうちは強引で我が強いけれど
年齢を重ねていくうちに
世間の風や感じたくさんの物、者をたくさん見るみます
「我」がどれほどまでに自分を苦しめていたのかに気づく

そして
ゆっくりと生まれたままの姿、心に戻っていく

それが人生の流れであると思います

スポンサーリンク



誰家無明月清風(たがいえにかめいげつせいふうなからん)

仏性であるための仏教の根幹の言葉です

ボロボロのあばら家にも
とてつもなく立派な家にも
月の光、心地よい風は平等にいきわたる

「明月清風」=仏の心

知識も才能も貧富も関係なく
人の心の奥には仏性を持っている
慈悲は皆に注がれ仏性は皆に宿っている
それに気づていないだけだ

禅語はそのように言っています

信仰は自由であり
人は自分が良いと思うものが良いのであって
崇拝であるとか教えともその人次第です

私のように
神も仏も自分の潜在意識の中にに存在すると思う人も

全ては自由は平等であるということを言っておきます

それも踏まえてこんな経験はないだろうか

人生おそらく1度や2度は神社やお寺に行ったことはあるでしょう

その時
何か心に感じるものはなかったでしょうか?

空気が澄んでいると感じたり
何か分からないけどエネルギーを感じたり
静かな中にも目に見ないつ強さを感じたり
etc

それは
人の心の奥にある素直な部分の現れですね
その素直さが仏性でもあると思います

人はどこかで間違うこともあるの場普通です

ただ
人を傷つけたり恨んだり
そして第一線を越えてしまう人は残念です

素直な心を持っていながら
自分の心から離れることだけを選んでしまったのかも知れません

つまり
自分自身を失い逃げてしまった時に
とても残念なことは起こる事があります
特別な例ではありますがね

小さな間違いや恨みは誰しもが経験しています
反省してやり直してき生きるものです

今まで頑固で他人の意見も聞かずに維持を張ってきた人も
だんだんと丸くなるのは
そう生き方より
笑顔で周りい順応して優しく生きた方が良い事に気づくからです

ただそこには経験と言う強いものが存在します

それが年齢を重ねていく本来の姿でもあると思います

早く気づけば早く優しく強い心に近づけます

意識して心の奥を覗く習慣をつければ
潜在意識はどんどん清くなっていく

まとめ

カッコイイ年寄りと言われたいですね

人それぞれに生き様は違いますが
意地を張るとか頑固であると言うのは
強い信念を持って生きているのとは違いますね

強い信念が強ければ強いほど人には優しくなれる気もします

便利に賢くお買い物


投稿者プロフィール

ikuzo002
ikuzo002
長年中国料理を研究しながら職人でもあった目線から「食」に関する事、そこから見えてくるもの、そして「人生」も色々考えちゃうサイトです(#^.^#)
人生はコツコツとやりたいことをやり続けるのが重要ですよね
100歳以上生きる時代を頑張ります