ポジティブシンキングとい言葉とプラス思考は
同じように思えるが
常にポジティブ思考の持ち主でないと
目の前の壁をポジティブシンキングで乗り越えることは出来ない

思考を意識して高めていくことも大事であるが
その前に自分自身の器の部分を大きくすることが大事だ

ポジティブになろうとすると逆効果の時もあるから注意だ

そのあたりを考えて見た

スポンサーリンク




自分で責任がとれなのならやらないことだ

「失敗したっていいじゃないか!」

「次を頑張れば何も問題ない」

このような言葉を聞きます
今も昔もこの言葉は重要ですし
今も昔も成功哲学の基本でもあるな

人はこのように自分に言い聞かせて
失敗しても次、失敗を恐れずにやる

「続けていれば必ず光は見えてくる」

ポジティブシンキングですね

ポジティブと気が強い、弱いとはちょっと違います

ポジティブシンキングは決して悪いことではありません

気が弱い人ほど
何とかポジティブに考えようとしているだけです

気が強いと言われる人は
ある意味ず太い神経を持っている?
細かなことを気にしない
もっと言えば、あまり深く考えていないとも言えます
全てではありませんw

気が弱い=ポジティブシンキングになろうとする

✅ そこには失敗したらそのあとの責任はどうなる?

✅ その責任はとれるのか?

✅ 誰かに迷惑をかけないか?

そのような心配が潜在意識の中にあるからです

つまり
そこの部分を修正する事が重要です

特に責任がとれるかどうか?

スポンサーリンク





最初から責任が取れないならそちらには向かわない事です

「どうなっても責任はちゃんととれる」
そう言う時だけ思いっきり失敗を恐れずに進む!
リスク回避ではありません、これは当たり前のことです

100の能力しかないのに
200の事をしようとすると無理です

足らない100を借りてまでしようとすると
失敗したら責任は取れません
誰かが代わりに責任を取ってくれるなら良いかも知れませんが
世の中そんなに甘くありません
また、他人を頼るようではその時点で駄目

能力に適合した範囲なら失敗は大丈夫
失敗したら次に進むだけ

それ以上の事をやりたいのなら先ずは能力を上げる

その順番さえ間違わなければビクビクすることはない
思いっきりポジティブシンキングを発揮できます

まとめ

器を大きくすることは能力、スキルを磨くことでもあると同時に
意識して言動や態度も美しくしていくことが重要です

他人から見て「カッコイイ、オトコマエ」
そう言われるようになりたいものです

誰か自分が目標にしている人の真似から始めるのいいのかもね

便利に賢くお買い物


投稿者プロフィール

ikuzo002
ikuzo002
長年中国料理を研究しながら職人でもあった目線から「食」に関する事、そこから見えてくるもの、そして「人生」も色々考えちゃうサイトです(#^.^#)
人生はコツコツとやりたいことをやり続けるのが重要ですよね
100歳以上生きる時代を頑張ります